日本書紀私記、万葉集試訳

■『日本書紀私記』乙本 上卷 神代上
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/syoki/siki/kounin/siki02.htm
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/syoki/siki/kounin/siki.htm
#更新 #日本書紀私記 #乙本 #神代 #日本紀講筵 #電子TEXT



万葉集試訳

4426 【承前,八首第二。】
 阿米都之乃 可未爾奴佐於伎 伊波比都都 伊麻世和我世奈 阿禮乎之毛波婆
 天地(あめつし)の 神(かみ)に幣置(ぬさお)き 齋(いは)ひつつ 坐(いま)せ我(わ)が背(せ)な 我(あれ)をし思(も)はば
 宇宙六合間 天神地祇八百萬 奉幣禱無恙 啟行可去吾夫子 只須常念偲妾身
防人妻 4426

「天地(あめつし)の 神(かみ)」,天神地祇
「幣置(ぬさお)き」,「置(お)き」為獻上供品。

4427 【承前,八首第三。】
 伊波乃伊毛呂 和乎之乃布良之 麻由須比爾 由須比之比毛乃 登久良久毛倍婆
 家妹(いはのいも)ろ 我(わ)を偲(しの)ふらし 真結(まゆす)ひに 結(ゆす)ひし紐(ひも)の 解(と)くらく思(も)へば
 居家吾愛妻 蓋沉相思念吾哉 每見堅真結 所繫衣紐自解者 不覺如是有所思
防人 4427

「家妹(いはのいも)ろ」,「家(いは)」為「家(いへ)」之訛。
「真結(まゆす)ひに 結(ゆす)ひし」,堅實地繫上。
「解(と)くらく思(も)へば」,古俗以為,下紐自解為他人思念自身之表徵。

4428 【承前,八首第四。】
 和我世奈乎 都久志波夜利弖 宇都久之美 叡比波登加奈奈 阿夜爾可毛禰牟
 我(わ)が背(せ)なを 筑紫(つくし)は遣(や)りて 愛(うつく)しみ 結(えひ)は解(と)か莫(な)な あやにかも寢(ね)む
 愛也吾夫子 許汝遣去筑紫洲 惜也哀憐兮 不解結紐守信誓 輾轉難眠獨寢哉
防人妻 4428

「筑紫(つくし)は遣(や)りて」,「は」為「へは」之略。
「結(えひ)は解(と)か莫(な)な」,「結(えひ)」為「結(ゆひ)」之訛。
類歌4422。

4429 【承前,八首第五。】
 宇麻夜奈流 奈波多都古麻乃 於久流我弁 伊毛我伊比之乎 於岐弖可奈之毛
 廄(うまや)なる 繩立(なはた)つ駒(こま)の 後(おく)るがへ 妹(いも)が言(い)ひしを 置(お)きて悲(かな)しも
 洽猶廄繩斷 脫韁野馬之所如 啟徒留居哉 雖然愛妻訴此言 仍留故土悲來矣
防人 4429

「廄(うまや)なる 繩立(なはた)つ駒(こま)の」,擺脫馬房韁繩之馬,為「後(おく)るがへ」之序。
「後(おく)るがへ」,安分地留在廄中、家中。
前三句為離別之時,妻子哭鬧欲與之同行之語。

4430 【承前,八首第六。】
 阿良之乎乃 伊乎佐太波佐美 牟可比多知 可奈流麻之都美 伊埿弖登阿我久流
 荒(あら)し男(を)の いを矢手挾(さたはさ)み 向立(むかひた)ち かなるま鎮(しづ)み 出(いで)てと我(あ)が來(く)る
 壯士荒益男 手執弓弭夾箭矢 指的之所如 喧囂聲響沉靜後 離於家門來此矣
防人 4430

「荒(あら)し男(を)の」,壯士。「の」上三句之主格。
「いを矢手挾(さたはさ)み」,手執弓箭待發之狀,「いを」未詳。
「向立(むかひた)ち」,面向標的而佇立。
「かなるま鎮(しづ)み」,「かなるま」為四周喧囂吵雜之狀。
「出(いで)てと我(あ)が來(く)る」,「と」為「そ」之訛。

4431 【承前,八首第七。】
 佐左賀波乃 佐也久志毛用爾 奈奈弁加流 去呂毛爾麻世流 古侶賀波太波毛
 笹(ささ)が葉(は)の 騷(さや)ぐ霜夜(しもよ)に 七重著(ななへか)る 衣(ころも)に增(ま)せる 子(こ)ろが肌(はだ)はも
 小竹笹葉之 嘈嘈騷鳴霜夜間 較襲著七重 衣裳之疇暖更勝 愛妻柔肌令人慕
防人 4431

「笹(ささ)が葉(は)の 騷(さや)ぐ霜夜(しもよ)に」,「騷(さや)ぐ」為竹葉嘈嘈切切之音。
「七重著(ななへか)る」,「著(か)る」為「著(き)あり」之略「著(け)り」之訛。
「子(こ)ろが肌(はだ)はも」,比穿著七層衣裳還要暖活地愛妻肌膚,不知現今如何。

4432 【承前,八首第八。】
 佐弁奈弁奴 美許登爾阿禮婆 可奈之伊毛我 多麻久良波奈禮 阿夜爾可奈之毛
 障(さ)へなへぬ 命(みこと)に有(あ)れば 愛(かな)し妹(いも)が 手枕離(たまくらはな)れ 竒(あや)に悲(かな)しも
 宸旨不得違 恪遵如山聖命故 憐也吾愛妻 離汝手枕負任去 遠道來此甚傷悲
防人 4432
 右八首,昔年防人歌矣。主典刑部少錄正七位上磐余伊美吉諸君抄寫,贈兵部少輔大伴宿禰家持。

「障(さ)へなへぬ」,「障(さ)へに敢(あ)へぬ」之略。「障(さ)ふ」為拒絕。朝命無法抗拒。
「竒(あや)に」,無以言喻。

4433 三月三日,檢校防人敕使并兵部使人等同集飲宴作歌三首
 阿佐奈佐奈 安我流比婆理爾 奈里弖之可 美也古爾由伎弖 波夜加弊里許牟
 朝(あさ)な朝(さ)な 上(あが)る雲雀(ひばり)に 成(なり)てしか 都(みやこ)に行(ゆ)きて 早歸來(はやかへりこ)む
 朝朝拂曉時 舞上大空雲雀矣 吾人有所思 若得身化其雀者 可赴都城早歸來
安倍沙美麻呂 4433
 右一首,敕使紫微大弼安倍沙美麻呂朝臣

「朝(あさ)な朝(さ)な」,「朝(あさ)な朝(あさ)な」之略。
「成(なり)てしか」,「てしか」為表希望之終助詞。
希望能變為每朝翱翔之雲雀,則是自由自在地回到故鄉又歸來駐地,不必苦於分離。

4434 【承前。】
 比婆里安我流 波流弊等佐夜爾 奈理奴禮波 美夜古母美要受 可須美多奈妣久
 雲雀上(ひばりあが)る 春(はる)へと清(さや)に 成(なり)ぬれば 都(みやこ)も見(み)えず 霞棚引(かすみたなびく)
 每逢雲雀之 舞上大空新春日 顯然臨來者 望眼不得見都城 春霞籠罩迷濛矣
大伴家持 4434

「雲雀上(ひばりあが)る」,承接前曲安倍沙美麻呂「上(あが)る雲雀(ひばり)に」之語。
「春(はる)へと清(さや)に」,「春(はる)へ」之「へ」為時節,「清(さや)に」為顯著。

元亨釋書、万葉集試訳

■元亨釋書 卷十五 方應
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/mokuroku/genkou/genkou15.htm
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/mokuroku/genkou/genkou.htm


万葉集試訳

4411 【承前,短歌其三。】
 伊弊都刀爾 可比曾比里弊流 波麻奈美波 伊也之久之久二 多可久與須禮騰
 家苞(いへづと)に 貝(かひ)そ拾(ひり)へる 濱波(はまなみ)は 彌頻頻(いやしくしく)に 高(たか)く寄(よ)すれど
 欲送於家人 俯拾珠貝作贈物 濱浪能濤天 頻頻捲起湧不斷 狂瀾高波而寄來
大伴家持 4411

「濱波(はまなみ)は」,蓋想像自難波津一帶前往住吉途中之景色。
「彌頻頻(いやしくしく)に」,頻頻不斷地。

4412 【承前,短歌其四。】
 之麻可氣爾 和我布禰波弖氐 都氣也良牟 都可比乎奈美也 古非都都由加牟
 島蔭(しまかげ)に 我(わ)が船泊(ふねは)てて 告遣(つげや)らむ 使(つかひ)を無(な)みや 戀(こひ)つつ行(ゆ)かむ
 羈旅泛海路 我泊船舩島蔭間 雖欲告家人 苦無信使可遣者 戀慕不只仍徃矣
大伴家持 4412
 二月廿三日,兵部少輔大伴宿禰家持。

「告遣(つげや)らむ」,假想連體格。欲委託信使與故鄉之家人聯絡。
「使(つかひ)を無(な)みや」,「無(な)み」為「無(な)し」之み句法。

4413 【武藏國部領防人使掾安曇三國進歌,十二第一。】
 麻久良多之 己志爾等里波伎 麻可奈之伎 西呂我馬伎己無 都久乃之良奈久
 枕太刀(まくらたし) 腰(こし)に取佩(とりは)き 真愛(まかな)しき 背(せ)ろが罷來(まきこ)む 月(つく)の知(し)ら無(な)く
 願猶枕太刀 取佩腰間不離身 真愛吾夫子 有朝汝命歸罷來 所期月日無由知
檜前舍人石前妻大伴部真足女 4413
 右一首,上丁那珂郡檜前舍人石前之妻大伴部真足女。

「枕太刀(まくらたし)」,即便夜寢之時,亦置於枕邊寸步不離身之愛刀。「太刀(たし)」為「太刀(たち)」之訛。
「真愛(まかな)しき」,見之而感到痛心。「ま」為「め(目)」之交替形。以「愛(かな)し」表男女情愛時,多為男性對於女性,此為異例。
「背(せ)ろが罷來(まきこ)む」,「背(せ)」為丈夫。「罷來(まきこ)む」完成任務歸來。
「月(つく)の知(し)ら無(な)く」,不知何時何日。「月(つく)」為「月(つき)」之訛。

4414 【承前,十二第二。】
 於保伎美乃 美己等可之古美 宇都久之氣 麻古我弖波奈利 之末豆多比由久
 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 愛(うつく)しけ 真子(まこ)が手離(てはな)り 島傳行(しまづたひゆ)く
 大君敕命重 誠惶誠恐遵宸旨 惜也愛憐兮 今離愛妻手別去 泛海傳島渡西偏
大伴部小歲 4414
 右一首,助丁秩父郡大伴部小歲。

「愛(うつく)しけ」,「愛(うつく)しき」之訛。
「真子(まこ)が手離(てはな)り」,「真子(まこ)」為愛憐之女性。「離(はな)り」為「離(はな)れ」之訛。

4415 【承前,十二第三。】
 志良多麻乎 弖爾刀里母之弖 美流乃須母 伊弊奈流伊母乎 麻多美弖毛母也
 白玉(しらたま)を 手(て)に取持(とりも)して 見(み)るのすも 家(いへ)なる妹(いも)を 復見(またみ)てももや
 持取白玉而 手中觀翫之所如 功成覆命後 欲與留家吾妹妻 相逢端詳彼光儀
物部歲德 4415
 右一首,主帳荏原郡物部歲德。

「手(て)に取持(とりも)して」,「持(も)して」乃「持(も)ちて」之訛。
「見(み)るのすも」,「のす」與「なす」同,蓋為東國語訛。「も」為呼應第五句之願望表現。
「復見(またみ)てももや」,「見(み)ても」為「見(み)てむ」之訛。

4416 【承前,十二第四。】
 久佐麻久良 多比由苦世奈我 麻流禰世婆 伊波奈流和禮波 比毛等加受禰牟
 草枕(くさまくら) 旅行(たびゆ)く背(せ)なが 丸寢為(まるねせ)ば 家(いは)なる我(われ)は 紐解(ひもと)かず寢(ね)む
 草枕在異地 羈旅他鄉吾夫子 汝若丸寢者 吾雖在家亦相隨 不解衣紐以寢矣妻
椋椅部刀自賣 4416
 右一首,妻椋椅部刀自賣。

「背(せ)な」,對丈夫、戀人、兄長等親暱男性之昵稱。「な」乃接尾語。
「丸寢(まろね)をすれば」,「丸寢(まろね)」乃晚間仍穿著衣物就寢。
「家(いは)なる我(われ)は」,「家(いは)」為「家(いへ)」之訛。
「紐解(ひもと)かず寢(ね)む」,有堅守貞操之意。

4417 【承前,十二第五。】
 阿加胡麻乎 夜麻努爾波賀志 刀里加爾弖 多麻能余許夜麻 加志由加也良牟
 赤駒(あかごま)を 山野(やまの)に毀(はかし) 捕難(とりか)にて 多摩橫山(たまのよこやま) 徒歩(かし)ゆか遣(や)らむ
 栗毛赤駒之 逃逸山野奔毀畔 亡失難捕矣 武藏多摩嶮橫山 唯有徒歩翻越哉
椋椅部荒蟲妻宇遲部黑女 4417
 右一首,豐嶋郡上丁椋椅部荒蟲之妻宇遲部黑女。

「赤駒(あかごま)」,栗毛駒。駒多指騎乘用之雄馬。按「軍防令」,防人就任時可攜家人、奴婢、牛馬同行。
「毀(はかし)」,「毀(はかち)」之訛。『古語拾遺』、『日本書紀』神代有「毀畔(あはかち)」之語。
「捕難(とりか)にて」,「難(か)にて」為「難(か)ねて」之訛。
「多摩橫山(たまのよこやま)」,「橫山(よこやま)」為鮮少起伏,橫長綿延之山。此蓋作者所居之武藏國豐嶋郡西南一帶之山。
「徒歩(かし)ゆか遣(や)らむ」,「徒歩(かし)」為「徒歩(かち)」之訛。「ゆ」同「より」,表手段、方法。

4418 【承前,十二第六。】
 和我可度乃 可多夜麻都婆伎 麻己等奈禮 和我弖布禮奈奈 都知爾於知母加毛
 我(わ)が門(かど)の 片山椿(かたやまつばき) 誠汝(まことなれ) 我(わ)が手觸(てふ)れ莫(な)な 土(つち)に落(お)ちも哉(かも)
 吾戶家門前 片山所生海石榴 誠兮椿花矣 我手無由觸之間 汝將散華落土哉
物部廣足 4418
 右一首,荏原郡上丁物部廣足。

「我(わ)が門(かど)の」,家門正對面之所可觀。
「片山椿(かたやまつばき)」,片山指山之頃斜地帶。椿用以暗喻所喜愛的女性。
「我(わ)が手觸(てふ)れ莫(な)な」,「なな」為表「しないで」之東國語。
「土(つち)に落(お)ちも哉(かも)」,「落(お)ちも」為「落(お)ちむ」之訛。
擔心自己赴任防人職之間,心儀之女子遭他人娶走之曲。

4419 【承前,十二第七。】
 伊波呂爾波 安之布多氣騰母 須美與氣乎 都久之爾伊多里弖 古布志氣毛波母
 家(いは)ろには 葦火焚(あしふた)けども 住良(すみよ)けを 筑紫(つくし)に至(いた)りて 戀(こふ)しけ思(も)はも
 在鄉居家時 雖焚葦火多煤污 宜居宜住矣 至來東國筑紫地 必然戀慕懷故土
物部真根 4419
 右一首,橘樹郡上丁物部真根。

「家(いは)ろには」,「家(いは)」乃「家(いへ)」之訛。
「葦火焚(あしふた)けども」,「葦火(あしふ)」為「葦火(あしひ)」之訛。家中焚葦以取暖,而遭煤灰髒污之狀。
「住良(すみよ)けを」,「住良(すみよ)け」為「住良(すみよ)き」之訛。
「戀(こふ)しけ思(も)はも」,蓋「戀(こほ)しく思(も)はむ」之訛。

4420 【承前,十二第八。】
 久佐麻久良 多妣乃麻流禰乃 比毛多要婆 安我弖等都氣呂 許禮乃波流母志
 草枕(くさまくら) 旅丸寢(たびのまるね)の 紐絕(ひもた)えば 我(あ)が手(て)と付(つ)けろ 此針持(これのはるも)し
 草枕在異地 羈旅他鄉丸寢時 衣紐若絕者 以之為我所手付 可持此針續斷紐
椋椅部弟女 4420
 右一首,椋椅部弟女。

「我(あ)が手(て)と付(つ)けろ」,「と」為當作,想作。「付(つ)けろ」等同中央語之「付(つ)けよ」。
「此針持(これのはるも)し」,「針(はる)」為「針(はり)」之訛。

4421 【承前,十二第九。】
 和我由伎乃 伊伎都久之可婆 安之我良乃 美禰波保久毛乎 美等登志努波禰
 我(わ)が行(ゆ)きの 息衝(いきづ)くしかば 足柄(あしがら)の 峰這(みねは)ほ雲(くも)を 見(み)とと偲(しの)はね
 我之此去而 若感別離息苦者 可望足柄之 峰上蟠踞白雲而 以為形見偲吾身
服部於由 4421
 右一首,都筑郡上丁服部於由。

「息衝(いきづ)くしかば」,「息衝(いきづ)かしかば」之訛。「息衝(いきづ)か」為痛苦哀嘆之意。
「足柄(あしがら)の 峰這(みねは)ほ雲(くも)を」,早期武藏防人經足柄峠而西向。其後經路改變,而或有稱秦野大山為足柄之例。
「見(み)とと偲(しの)はね」,「見(み)とと」乃「見(み)つつ」之訛。

4422 【承前,十二第十。】
 和我世奈乎 都久之倍夜里弖 宇都久之美 於妣波等可奈奈 阿也爾加母禰毛
 我(わ)が背(せ)なを 筑紫(つくし)へ遣(や)りて 愛(うつく)しみ 帶(おび)は解(と)か莫(な)な 文(あや)にかも寢(ね)も
 愛也吾夫子 許汝遣去筑紫洲 惜也哀憐兮 堅守信誓不解帶 輾轉難眠獨寢哉妻
服部呰女 4422
 右一首,妻服部呰女。

「文(あや)にかも寢(ね)も」,心痛而寢。
此曲與4428幾乎相同。

4423 【承前,十二十一。】
 安之我良乃 美佐可爾多志弖 蘇埿布良波 伊波奈流伊毛波 佐夜爾美毛可母
 足柄(あしがら)の 御坂(みさか)に立(た)して 袖振(そでふ)らば 家(いは)なる妹(いも)は 清(さや)に見(み)もかも
 相模關門之 佇立足柄御坂上 振袖揮手者 居家留守吾妹妻 可以清楚望見哉
藤原部等母麻呂 4423
 右一首,埼玉郡上丁藤原部等母麻呂。

「足柄(あしがら)の 御坂(みさか)に立(た)して」,防人於東國關門足柄峠揮手惜別。「立(た)して」為「立(た)ちて」之訛。
「清(さや)に見(み)もかも」,「清(さや)」為明瞭之意。

4424 【承前,十二十二。】
 伊呂夫可久 世奈我許呂母波 曾米麻之乎 美佐可多婆良婆 麻佐夜可爾美無
 色深(いろぶか)く 背(せ)なが衣(ころも)は 染(そ)めましを 御坂給(みさかたば)らば 真清(まさや)かに見(み)む
 早知如此者 當將吾夫所著裳 八鹽折染矣 若摺彼衣色深濃 過御坂時可顯見
妻物部刀自賣 4424
 右一首,妻物部刀自賣。
 二月廿九日,武藏國部領防人使掾正六位上安曇宿禰三國進歌數廿首。但拙劣歌者不取載之。

「御坂給(みさかたば)らば」,「給(たば)る」為「給(たま)はる」之略。
「真清(まさや)かに見(み)む」,「真(ま)」為完全、純粹之意。

4425 【昔年防人歌,八首第一。】
 佐伎毛利爾 由久波多我世登 刀布比登乎 美流我登毛之佐 毛乃母比毛世受
 防人(さきもり)に 行(ゆ)くは誰(た)が背(せ)と 問(と)ふ人(ひと)を 見(み)るが羨(とも)しさ 物思(ものもひ)もせず
 每見閒人問 此去防人誰夫哉 言者雖無意 聽者有心我稱羨 妒其無須憂別離
防人 4425

「防人(さきもり)に 行(ゆ)くは誰(た)が背(せ)と」,此為觀望作者丈夫被徵招為東國防人出行之路人所語。
「見(み)るが羨(とも)しさ 物思(ものもひ)もせず」,相對於自己夫妻被迫別離,羨慕路人可以漠然地事不關己。

拾遺和歌集、万葉集試訳

拾遺和歌集 卷十八 賀秋歌
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/waka/syuui/syuui18.htm
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/waka/syuui/syuui.htm
#更新 #拾遺集 #和歌 #雜賀


万葉集試訳

4402 【承前。】
 知波夜布留 賀美乃美佐賀爾 奴佐麻都里 伊波布伊能知波 意毛知知我多米
 千早振(ちはやふ)る 神御坂(かみのみさか)に 幣奉(ぬさまつ)り 齋命(いはふいのち)は 母父(おもちち)が為(ため)
 千早振稜威 嚴神御坂嶮峠間 恭奉獻幣帛 戒慎潔齋此命者 全為所慕父母也
神人部子忍男 4402
 右一首,主帳埴科郡神人部子忍男。

「千早振(ちはやふ)る」,神之枕詞,與「千早振(ちはやぶ)る」同。古俗以為, 險道之間,有荒神阻礙旅人通行,故有荒振之意。中古以降,採用「千早振(ちはやふ)る」者較多。
「神御坂(かみのみさか)」,神所鎮座之恐怖御坂。此云神坂峠,信濃路之險道。
「齋命(いはふいのち)は」,齋祈此身無恙。

4403 【承前。】
 意保枳美能 美己等可之古美 阿乎久牟乃 等能妣久夜麻乎 古與弖伎怒加牟
 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 青雲(あをくむ)の 棚引(とのび)く山(やま)を 越(こ)よて來(き)ぬかむ
 大君敕命重 誠惶誠恐遵宸旨 晴空青雲之 霏霺棚引峻山嶺 跋涉翻越而來矣
小長谷部笠麻呂 4403
 右一首,小長谷部笠麻呂。
 二月廿二日,信濃國防人部領使上道,得病不來,進歌數十二首。但拙劣歌者不取載之。

「青雲(あをくむ)」,晴空上高掛之雲朵,「青雲(あをくも)」之訛。而上代語「あを」並不限於青色,亦包含灰色之色系。
「越(こ)よて來(き)ぬかむ」,「越(こ)えて來(き)ぬかも」之訛。

4404 【上野國防人部領使大目上毛野駿河進歌,四首第一。】
 奈爾波治乎 由伎弖久麻弖等 和藝毛古賀 都氣之非毛我乎 多延爾氣流可母
 難波道(なにはぢ)を 行(ゆ)きて來迄(くまで)と 我妹子(わぎもこ)が 付(つ)けし紐(ひも)が緒(を) 絕(た)えにけるかも
 此去難波道 往返歸來莫解之 愛也吾妹妻 手結下衣紐緒者 跋涉之間已絕矣
上毛野牛甘 4404
 右一首,助丁上毛野牛甘。

「難波道(なにはぢ)を 行(ゆ)きて來迄(くまで)と」,其下省略應當不會斷絕之語。作者之妻子或無法判斷前往難波與前往筑紫在距離上之迥異。

4405 【承前,四首第二。】
 和我伊母古我 志濃比爾西餘等 都氣志非毛 伊刀爾奈流等毛 和波等可自等余
 我(わ)が妹子(いもこ)が 偲(しぬ)ひに為(せ)よと 付(つ)けし紐(ひも) 絲(いと)に成(なる)とも 我(わ)は解(と)かじとよ
 愛也吾妹妻 以為形見信物而 手結付紐矣 縱令襤褸為碎絲 我亦常繫豈解之
朝倉益人 4405
 右一首,朝倉益人。

「我(わ)が妹子(いもこ)が」,和歌多見「我妹子(わぎもこ)が」之略形,如是書以原形者實屬罕見。
「偲(しぬ)ひ」,用以睹物思人之物品。
「我(わ)は解(と)かじとよ」,口語句法,蓋為出發離別前之誓言。

4406 【承前,四首第三。】
 和我伊波呂爾 由加毛比等母我 久佐麻久良 多妣波久流之等 都氣夜良麻久母
 我(わ)が家(いは)ろに 行(ゆ)かも人欲得(ひともが) 草枕(くさまくら) 旅(たび)は苦(くる)しと 告遣(つげや)らまくも
 欲得徃行人 將去吾家故鄉者 轉述帶口信 告諸草枕在異地 羈旅跋涉艱辛矣
大伴部節麻呂 4406
 右一首,大伴部節麻呂。

「我(わ)が家(いは)ろに」,「家(いは)」乃「家(いへ)」之訛,「ろ」為接尾語。
「行(ゆ)かも」,「行(ゆ)かむ」之訛。
「告遣(つげや)らまくも」,「まく」為推量助動詞「む」之「く」句法。

4407 【承前,四首第四。】
 比奈久母理 宇須比乃佐可乎 古延志太爾 伊毛賀古比之久 和須良延奴加母
 日(ひ)な曇(くも)り 碓冰坂(うすひのさか)を 越時(こえしだ)に 妹(いも)が戀(こひ)しく 忘(わす)らえぬかも
 陽曇薄日兮 翻越東山碓冰坂 艱辛跋涉時 惜別之際妻哀毀 戀慕愁情不能
他田部子磐前 4407
 右一首,他田部子磐前。
 二月廿三日,上野國防人部領使大目正六位下上毛野君駿河進歌數十二首。但拙劣歌者不取載之。

「日(ひ)な曇(くも)り」,為雲所遮蔽之「薄日(うすひ)」,藉同音而為「碓冰(うすひ)」之枕詞。
「越時(こえしだ)に」,「時(しだ)」為時節。
「妹(いも)が戀(こひ)しく」,出發離別之際,妻子離情依依之狀。

4408 陳防人悲別之情歌一首 并短歌。
 大王乃 麻氣乃麻爾麻爾 嶋守爾 和我多知久禮婆 波波蘇婆能 波波能美許等波 美母乃須蘇 都美安氣可伎奈埿 知知能未乃 知知能美許等波 多久頭努能 之良比氣乃宇倍由 奈美太多利 奈氣伎乃多婆久 可胡自母乃 多太比等里之氐 安佐刀埿乃 可奈之伎吾子 安良多麻乃 等之能乎奈我久 安比美受波 古非之久安流倍之 今日太爾母 許等騰比勢武等 乎之美都都 可奈之備麻勢婆 若草之 都麻母古騰母毛 乎知己知爾 左波爾可久美為 春鳥乃 己惠乃佐麻欲比 之路多倍乃 蘇埿奈伎奴良之 多豆佐波里 和可禮加弖爾等 比伎等騰米 之多比之毛能乎 天皇乃 美許等可之古美 多麻保己乃 美知爾出立 乎可乃佐伎 伊多牟流其等爾 與呂頭多妣 可弊里見之都追 波呂波呂爾 和可禮之久禮婆 於毛布蘇良 夜須久母安良受 古布流蘇良 久流之伎毛乃乎 宇都世美乃 與能比等奈禮婆 多麻伎波流 伊能知母之良受 海原乃 可之古伎美知乎 之麻豆多比 伊己藝和多利弖 安里米具利 和我久流麻埿爾 多比良氣久 於夜波伊麻佐禰 都都美奈久 都麻波麻多世等 須美乃延能 安我須賣可未爾 奴佐麻都利 伊能里麻乎之弖 奈爾波都爾 船乎宇氣須惠 夜蘇加奴伎 可古等登能倍弖 安佐婢良伎 和波己藝埿奴等 伊弊爾都氣己曾
 大君(おほきみ)の 任隨(まけのまにま)に 島守(しまもり)に 我(わ)が立來(たちく)れば 柞葉(ははそば)の 母命(ははのみこと)は 御裳裾(みものすそ) 摘上搔撫(つみあげかきな)で 乳實(ちちのみ)の 父命(ちちのみこと)は 栲角(たくづの)の 白髭上(しらひげのうへ)ゆ 淚垂(なみだた)り 嘆給(なげきのたば)く 鹿子(かこ)じ物(もの) 唯獨(ただひとり)して 朝戶出(あさとで)の 愛(かな)しき我(あ)が子(こ) 新(あらたま)の 年緒長(としのをなが)く 相見(あひみ)ずは 戀(こひ)しくあるべし 今日(けふ)だにも 言問為(ことどひせ)むと 惜(を)しみつつ 悲(かな)しびませば 若草(わかくさ)の 妻(つま)も子供(こども)も 彼方此方(をちこち)に 澤(さは)に圍居(かくみゐ) 春鳥(はるとり)の 聲吟(こゑのさまよ)ひ 白栲(しろたへ)の 袖泣濡(そでなきぬ)らし 攜(たづさは)り 別難(わかれかて)にと 引留(ひきとど)め 慕(した)ひし物(もの)を 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 玉桙(たまほこ)の 道(みち)に出立(いでた)ち 岡岬(をかのさき) い迴(た)むる每(ごと)に 萬度(よろづたび) 顧見(かへりみ)しつつ 遙遙(はろはろ)に 別(わか)れし來(く)れば 思空(おもふそら) 安(やす)くも非(あら)ず 戀(こ)ふる空(そら) 苦(くる)しき物(もの)を 空蟬(うつせみ)の 世人是(よのひとな)れば 玉限(たまきは)る 命(いのち)も知(し)らず 海原(うなはら)の 恐道(かしこきみち)を 島傳(しまづた)ひ い漕渡(いこぎわた)りて 蟻迴(ありめぐ)り 我(わ)が來(く)る迄(まで)に 平(たひら)けく 親(おや)は居坐(いま)さね 障無(つつみな)く 妻(つま)は待(ま)たせと 住吉(すみのえ)の 我(あ)が皇神(すめかみ)に 幣奉(ぬさまつ)り 祈申(いのりまう)して 難波津(なにはつ)に 船(ふね)を浮据(うけす)ゑ 八十梶貫(やそかぬ)き 水手整(かこととの)へて 朝開(あさびら)き 我(わ)は漕出(こぎで)ぬと 家(いへ)に告(つ)げこそ
 大君敕命重 戒慎恐懼循其任 以為島守而 我命出立來此矣 祥和柞葉兮 慧慈賢淑母命者 手繫御裳裾 摘上搔撫祈無恙 威嚴乳實兮 明道宏倫父命者 栲綱皎如月 斑駁虬髯白髭上 淚垂復涕下 憂傷哀愁嘳嘆矣 似鹿非鹿子 唯有隻身獨一人 晨曦出朝戶 可人憐愛我子矣 物換星移兮 日新月異年緒長 久久不相見 相思難止慕情盛 至少在今日 願為言問得相語 離情依依而 悲傷憂愁惜別者 若草稚卉兮 可怜少妻與稚子 彼方與此方 叢聚圍居相依偎 春鳥鶯啼兮 哭號淒厲呻吟矣 白妙敷栲兮 涕泣滂沱濡袖矣 相攜執子手 難分難捨別離難 慰留不令訣 慕往遠隨追行矣 大君敕命重 誠惶誠恐遵宸旨 玉桙石柱兮 啟程旅路康莊道 岡岬丘前處 每每巡迴各隈時 千遍萬度兮 回首顧見望故土 渺渺遙遙兮 離別遠行而來者 胸中所想念 方寸忐忑無所安 內心之所戀 鏤骨虐心哀苦者 空蟬憂世間 浮生凡俗世人也 玉限魂極兮 須臾身命誠難計 滄溟海原之 路途艱險恐道也 繼島越嶼兮 榜舟漕渡而上陸 直至我蟻迴 全任復命歸來日 還願雙親矣 安平無恙常居坐 亦冀吾愛妻 別來無障待吾歸 墨江住吉之 鎮座統御我社神 奉獻呈幣帛 齋戒恭祈申心願 難波御津間 浮据船上泛蒼海 繁貫八十梶 統率水手白水郎 朝明晨曦時 我負重任漕出者 誰來傳語告吾家
大伴家持 4408

「島守(しまもり)」,與防人同。擔任警備壹岐、對馬等九州西北諸島之守戍。
「御裳裾(みものすそ) 摘上搔撫(つみあげかきな)」,蓋為祈求旅人路途平安之古代咒術。
「栲角(たくづの)の」,「白髭(しらひげ)」之枕詞。栲為自楮等桑科植物所取得之白色纖維。
「淚垂(なみだた)り」,「淚(た)り」為滴落之狀。
「鹿子(かこ)じ物(もの)」,鹿為一產一子之動物,故為孤獨之比喻。
「愛(かな)しき我(あ)が子(こ)」,「愛(かな)しき」於此為沁心之意。
「悲(かな)しびませば」,神宮文庫本作「悲(かな)しびいませ」,或為初案。
「圍居(かくみゐ)」,「圍(かく)む」為「圍(かこ)む」之古形。
「春鳥(はるとり)の」,「聲吟(こゑのさまよ)ひ」之枕詞。
「聲吟(こゑのさまよ)ひ」,發出哭泣呻吟之聲。
「攜(たづさは)り」,互執雙手。
「別難(わかれかて)にと」,難分難捨惜別之狀。
「慕(した)ひし物(もの)を」,「もの」為逆接用法。
「い迴(た)むる每(ごと)に」,「迴(た)む」為迂迴行走彎曲道路之狀。
「思空(おもふそら)」,「空(そら)」為不安之心情。
「空蟬(うつせみ)の 世人是(よのひとな)れば」,此云難以抵抗現實社會之制度。
「障無(つつみな)く」,沒有傷病、事故。
「妻(つま)は待(ま)たせと」,「待(ま)たす」為「待(ま)つ」之敬語型。夫對妻採用敬語者,或是因防人身分而詠之故。
「住吉(すみのえ)の 我(あ)が皇神(すめかみ)」,此「皇神(すめかみ)」指領有該地之地主神。祈願當指直到筑紫之航路。
「祈申(いのりまう)して」,「申(まう)し」仙覺本等底本為「まをし=麻乎之」,此依類聚古集作「まうし=麻宇之」。
「家(いへ)に告(つ)げこそ」,「家(いへ)」表家人。

4409 【承前,短歌其一。】
 伊弊婢等乃 伊波倍爾可安良牟 多比良氣久 布奈埿波之奴等 於夜爾麻乎佐禰
 家人(いへびと)の 齋(いは)へにかあらむ 平(たひら)けく 船出(ふなで)はしぬと 親(おや)に申(まを)さね
 蓋是家人之 戒慎齋禱祈功哉 無恙且無障 一帆風順出航矣 誰來傳語告吾親
大伴家持 4409

「齋(いは)へにかあらむ」,與「齋(いは)へばにかあらむ」同。疑問條件語。

4410 【承前,短歌其二。】
 美蘇良由久 久母母都可比等 比等波伊倍等 伊弊頭刀夜良武 多豆伎之良受母
 御空行(みそらゆ)く 雲(くも)も使(つかひ)と 人(ひと)は言(い)へど 家苞遣(いへづとや)らむ 方便知(たづきし)らずも
 縱然人常道 翱行御空天雲者 可為信使矣 雖欲託贈致家裹 唯有愁苦不知方
大伴家持 4410

「雲(くも)も使(つかひ)と」,雲亦可成為使者,託寄書信、贈物。此與『古事記』歌謠「天飛ぶ 鳥も使ひそ」相類。
「家苞遣(いへづとや)らむ」,想要送給家人之禮物,按次曲可知內容物蓋為貝殼。

拾遺和歌集、万葉集試訳

拾遺和歌集 卷十七 雜秋歌
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/waka/syuui/syuui17.htm
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/waka/syuui/syuui.htm
#更新 #拾遺集 #和歌 #雜秋


万葉集試訳

4399 【承前,短歌其一。】
 宇奈波良爾 霞多奈妣伎 多頭我禰乃 可奈之伎與比波 久爾弊之於毛保由
 海原(うなはら)に 霞棚引(かすみたなびき) 鶴(たづ)が音(ね)の 悲(かな)しき宵(よひ)は 國邊(くにへ)し思(おも)ほゆ
 滄溟海原間 霞霧瀰漫飄霏 鶴音盪哀愁 悲情更催此宵晚 不覺懷土偲家鄉
大伴家持 4399

「鶴(たづ)が音(ね)の」,鶴之鳴聲。
「國邊(くにへ)」,防人故鄉一帶。

4400 【承前,短歌其二。】
 伊弊於毛負等 伊乎禰受乎禮婆 多頭我奈久 安之弊毛美要受 波流乃可須美爾
 家思(いへおも)ふと 眠(い)を寢(ね)ず居(を)れば 鶴(たづ)が鳴(な)く 葦邊(あしへ)も見(み)えず 春霞(はるのかすみ)に
 每逢思故土 哀傷輾轉不得眠 憂鶴雖悲鳴 所啼葦邊不得見 匿在瀰漫春霞中
大伴家持 4400
 右十九日,兵部少輔大伴宿禰家持作之。

「鶴(たづ)が鳴(な)く」,「葦邊(あしへ)」之連體修飾語,與帶有朦朧不可依之意的「たづがなし」雙關。

4401 【信濃國防人部領使進歌。】
 可良己呂武 須宗爾等里都伎 奈苦古良乎 意伎弖曾伎怒也 意母奈之爾志弖
 韓衣(からころむ) 裾(すそ)に取付(とりつ)き 泣子等(なくこら)を 置(お)きてそ來(き)ぬや 母無(おもな)しにして
 韓服軍衣袴 緊攫其袖淚涕下 哭喊泣子等 吾置其身獨自來 無母可怙父又離
他田舍人大嶋 4401
 右一首,國造小縣郡他田舍人大嶋。

「韓衣(からころむ)」,作者所著之軍衣袴。「衣(ころむ)」為「衣(ころも)」之訛。
「泣子等(なくこら)を」,「子等(こら)」為孩子。
「置(お)きてそ來(き)ぬや」,係助詞「そ」之後接終止形「ぬ」屬違例。「や」為詠嘆終助詞。
「母無(おもな)しにして」,「母(おも)」為孩子的母親,即作者之妻子。由於母親去世,孩子由父親撫養,而父親又受命遠赴海西為防人。


[摘譯]諸君 私は古文が好きだ

諸君 私は古文が好きだ

諸君 私は古文が好きだ

諸君 私は古文が好きだ

諸君 私は古文が大好きだ

漢文が好きだ

和文が好きだ

和歌が好きだ

宣命が好きだ

侯文が好きだ

ヲシテが好きだ

オペラが好きだ

ラテンが好きだ

エッダが好きだ

紀伝で 物語で

詩賦で 詔敕で

論表で 奏狀で

序辞で 記銘で

祭文で 咒願で

この地上で付梓されるありとあらゆる古文が大好きだ

卅一字を並べたよろずの言の葉のが人の心と共に詠まされるのが好きだ

諸蕃より来られた使人と漢文で応答し合った時など心が躍る

万葉仮名を借りていにしえ言挙げぬ国の古事を表記するのが好きだ

悲鳴を上げて変体假名を解読する学生を見た時など胸がすくような気持ちだった

乎古止點を持って、人々が漢文を訓読語に解読するのを見るが好きだ

恐慌状態の新人が既に訓読した文面を何度も何度も修正している様など感動すら覚える

終末の豫言を述べる巫女の狂乱なる様などはもう堪らない

百王の運、既に過半を及ぶご託宣を下ろした斎王と共に

金切り声を上げる文武百官の八十伴緒が、恐懼の色を浮かばれ畏まる樣も最高だ

哀れな鞍作臣(くらつくりのおみ)が、「臣、罪を知らず!」と額突く審察を乞うのを、

「天宗を盡滅して、日位を傾けむ」と宣賜われて、首を斬らるる時など絶頂すら覺える。

続く

続きを読む

拾遺和歌集、万葉集試訳

拾遺和歌集 卷十六 雜春歌
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/waka/syuui/syuui16.htm
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/waka/syuui/syuui.htm
#更新 #拾遺集 #和歌 #雜春



万葉集試訳

4384 【下總國防人部領使少目縣犬養淨人進歌,十一第一。】
 阿加等伎乃 加波多例等枳爾 之麻加枳乎 己枳爾之布禰乃 他都枳之良須母
 曉(あかとき)の 彼(か)は誰時(たれとき)に 島蔭(しまかぎ)を 漕去(こぎに)し船(ふね)の 方便知(たづきし)らずも
 黎明拂曉間 薄闇朦朧彼誰時 迴繞越島蔭 漕去榜行浮船者 不知去向今何如
他田日奉得大理 4384
 右一首,助丁海上郡海上國造他田日奉直得大理。

「曉(あかとき)の 彼(か)は誰時(たれとき)に」,「曉(あかとき)」乃黎明陰暗之際,「彼(か)は誰時(たれとき)」為朦朧不明之時十,與代表黃昏的「誰彼(たそかれ)」相對。
「島蔭(しまかぎ)」,「島蔭(しまかげ)」之訛。此島蓋指新淀川河口之姬島。
「漕去(こぎに)し船(ふね)」,「漕去(こぎさに)し船(ふね)」之略。
「方便知(たづきし)らずも」,「方便(たづき)」為樣子、所去、去向。表達自身不安之情愫。

4385 【承前,十一第二。】
 由古作枳爾 奈美奈等惠良比 志流敝爾波 古乎等都麻乎等 於枳弖等母枳奴
 行先(ゆこさき)に 波莫撓(なみなとゑら)ひ 後(しるへ)には 子(こ)をと妻(つま)をと 置(お)きてとも來(き)ぬ
 還願此行去 駭浪勿撓波莫湧 在此身之後 留置吾子與吾妻 離鄉隻身來此矣
私部石嶋 4385
 右一首,葛餝郡私部石嶋。

「行先(ゆこさき)」,「行先(ゆきさき)」之訛。
「波莫撓(なみなとゑら)ひ」,「撓(とゑら)ひ」為彎曲之意。波浪高捲之狀。

4386 【承前,十一第三。】
 和加加都乃 以都母等夜奈枳 以都母以都母 於母加古比須須 奈理麻之都之母
 我(わ)が門(かづ)の 五本柳(いつもとやなぎ) 何時(いつ)も何時(いつ)も 母(おも)が戀(こひ)すす 業(な)りましつしも
 其猶吾戶前 五本楊柳之所如 每每往往而 慈母朝朝暮暮間 偲慕吾身働農桑
矢作部真長 4386
 右一首,結城郡矢作部真長。

「我(わ)が門(かづ)の」,「門(かづ)」為「門(かど)」之訛。
「五本柳(いつもとやなぎ)」,藉同音提起「何時(いつ)も」之序。
「母(おも)が戀(こひ)すす」,「すす」為「しつつ」之意。
「業(な)りましつしも」,「業(な)り」指農桑作業。

4387 【承前,十一第四。】
 知波乃奴乃 古乃弖加之波能 保保麻例等 阿夜爾加奈之美 於枳弖他加枳奴
 千葉野(ちばのぬ)の 兒手柏(このてかしは)の 含(ほほ)まれど 文(あや)に愛(かな)しみ 置(お)きて高來(たかき)ぬ
 洽猶千葉野 兒手柏之含苞者 伊人年雖稚 相隔異地甚可怜 置之故鄉高來矣
大田部足人 4387
 右一首,千葉郡大田部足人。

「千葉野(ちばのぬ)の」,下總國千葉郡之丘陵地。
「兒手柏(このてかしは)」,山毛欅科植物,其葉狀似稚子手掌。
「含(ほほ)まれど」,「含(ふふ)めれど」之訛。「含(ふふ)」指花蕾或新芽,表年幼女子羞澀之狀。
「置(お)きて高來(たかき)ぬ」,「高來(たかき)ぬ」蓋云翻山越嶺而來。

4388 【承前,十一第五。】
 多妣等弊等 麻多妣爾奈理奴 以弊乃母加 枳世之己呂母爾 阿加都枳爾迦理
 旅云(たびとへ)ど 真旅(またび)に成(なり)ぬ 家妹(いへのも)が 著(き)せし衣(ころも)に 垢付(あかつ)きにかり
 雖云皆出旅 此去途長羈旅矣 居家伊人之 為我所襲此衣裳 已然付垢染風塵
占部虫麻呂 4388
 右一首,占部虫麻呂。

「旅云(たびとへ)ど」,「旅(たび)と云(い)へど」之略。雖然都是旅行,也有形形色色。
「真旅(またび)」,長途耗時之旅。
「家妹(いへのも)」,「家妹(いへのいも)」之略。
「垢付(あかつ)きにかり」,「かり」為「けり」之訛。

4389 【承前,十一第六。】
 志保不尼乃 弊古祖志良奈美 爾波志久母 於不世他麻保加 於母波弊奈久爾
 潮船(しほふね)の 舳越(へこ)そ白波(しらなみ) 俄(には)しくも 負(お)ふせ給(たま)ほか 思(おも)はへ無(な)くに
 若猶越潮舟 船舳白浪之所如 俄然意外而 倏忽受命負此任 誠然始料所未及
丈部大麻呂 4389
 右一首,印波郡丈部直大麻呂。

「舳越(へこ)そ白波(しらなみ)」,越過船首之白浪。
「俄(には)しくも」,突然地。意外被指名為防人。
「負(お)ふせ」,「負(お)ほせ」之訛。

4390 【承前,十一第七。】
 牟浪他麻乃 久留爾久枳作之 加多米等之 以母加去去里波 阿用久奈米加母
 群玉(むらたま)の 樞(くる)に釘刺(くぎさ)し 固(かた)めとし 妹(いも)が心(こころ)は 動(あよ)くなめかも
 群玉落珠兮 釘刺樞戶不令轉 緊固之所如 愛也吾妻堅心者 貞志豈曾動搖哉
刑部志可麻呂 4390
 右一首,猿島郡刑部志可麻呂。

「群玉(むらたま)の 樞(くる)に釘刺(くぎさ)し」,「群玉(むらたま)の」表大珠小珠掉落散亂於平面之狀,「くる」之枕詞。「樞(くる)」本意為迴轉,此云上開之樞戶。
「固(かた)めとし」,「固(かた)めてし」之訛。自身赴任三年之間,妻子留守於家中堅守節操。
「動(あよ)くなめかも」,「動(あよ)く」表動搖,「なめかも」為中央語「らめやも」之東國語。

4391 【承前,十一第八。】
 久爾具爾乃 夜之呂乃加美爾 奴佐麻都理 阿加古比須奈牟 伊母賀加奈志作
 國國(くにぐに)の 社神(やしろのかみ)に 幣奉(ぬさまつ)り 我戀(あがこひ)すなむ 妹(いも)が愛(かな)しさ
 五畿七道之 諸國明神大社間 奉幣祈冥貺 懸戀我身朝慕想 吾妻貞志可怜也
忍海部五百麻呂 4391
 右一首,結城郡忍海部五百麻呂。

「國國(くにぐに)の 社神(やしろのかみ)に」,此云天神地祇中以國津神為主之神靈。
「我戀(あがこひ)すなむ」,此云思慕作者之妻子。

3438 【承前,十一第九。】
 阿米都之乃 以都例乃可美乎 以乃良波加 有都久之波波爾 麻多己等刀波牟
 天地(あめつし)の 何(いづ)れの神(かみ)を 祈(いの)らばか 愛(うつく)し母(はは)に 復言問(またことと)はむ
 宇宙六合間 天神地祇八百萬 其數不可計 吾當祈於孰靈而 可復與母相語哉
大伴部麻與佐 3438
 右一首,埴生郡大伴部麻與佐。

「天地(あめつし)」,「天地(あめつち)」之訛。
「何(いづ)れの神(かみ)を」,眾多天神地祇中,該向何神祈禱方能實現自己的願望呢。
類想歌2418。

4393 【承前,十一第十。】
 於保伎美能 美許等爾作例波 知知波波乎 以波比弊等於枳弖 麻為弖枳爾之乎
 大君(おほきみ)の 命(みこと)にされば 父母(ちちはは)を 齋瓮(いはひへ)と置(お)きて 參出來(まゐでき)にしを
 吾皇大君之 聖慮宸旨敕命重 故置父與母 與齋瓮同留家鄉 隻身參出來赴命
雀部廣嶋 4393
 右一首,結城郡雀部廣嶋

「命(みこと)にされば」,「命(みこと)ににしあれば」之略。
「齋瓮(いはひへ)と置(お)きて」,「と」為共同。
「參出來(まゐでき)にしを」,奉天皇之命離家赴任。

4394 【承前,十一十一。】
 於保伎美能 美己等加之古美 由美乃美他 佐尼加和多良牟 奈賀氣己乃用乎
 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 弓共(ゆみのみた) 小寢(さね)か渡(わた)らむ 長(なが)け此夜(このよ)を
 大君敕命重 誠惶誠恐遵宸旨 唯得擁弓弭 相與小寢至天明 漫漫長兮此夜矣
大伴部子羊 4394
 右一首,相馬郡大伴部子羊。
 二月十六日,下總國防人部領使少目從七位下縣犬養宿禰淨人進歌數廿二首。但拙劣歌者不取載之。

「弓共(ゆみのみた)」,「共(みた)」為「共(むた)」之訛。
「小寢(さね)か渡(わた)らむ」,詠嘆疑問。
「長(なが)け」,「長(なが)き」之訛。

4395 獨惜龍田山櫻花歌一首
 多都多夜麻 見都都古要許之 佐久良波奈 知利加須疑奈牟 和我可敝流刀爾
 龍田山(たつたやま) 見(み)つつ越來(こえこ)し 櫻花(さくらばな) 散(ち)りか過(す)ぎなむ 我(わ)が歸(かへ)るとに
 巍峨龍田山 翻山越嶺而來時 所見櫻花者 蓋將凋零散盡哉 在我復命歸來頃
大伴家持 4395

「散(ち)りか過(す)ぎなむ」,「過(す)ぎ」為落盡之意。
「我(わ)が歸(かへ)るとに」,「とに」為至於某個時點為止。

4396 獨見江水浮漂糞(こつみ),怨恨貝玉不依作歌一首 【承前。】
 保理江欲利 安佐之保美知爾 與流許都美 可比爾安里世波 都刀爾勢麻之乎
 堀江(ほりえ)より 朝潮滿(あさしほみ)ちに 寄(よ)る塵芥(こつみ) 貝(かひ)に在為(ありせ)ば 裹(つと)にせましを
 自押照難波 堀江漲來朝潮間 緣來木屑矣 汝若可為貝玉者 可以裹而攜身伴
大伴家持 4396

朝潮滿(あさしほみ)ちに」,滿潮之時,潮水隨運河溯上之狀。
「寄(よ)る塵芥(こつみ)」,隨波逐來之垃圾,提詞作漂糞。
「裹(つと)」,包裹以為禮物。

4397 在館門見江南美女作歌一首 【承前。】
 見和多世婆 牟加都乎能倍乃 波奈爾保比 弖里氐多弖流波 波之伎多我都麻
 見渡(みわた)せば 向峰上(むかつをのへ)の 花匂(はなにほ)ひ 照(て)りて立(た)てるは 愛(は)しき誰(た)が妻(つま)
 放眼望去者 猶若向峰山頂上 咲花之所如 光儀華艷天香者 窈窕淑女誰妻哉
大伴家持 4397
 右三首,二月十七日兵部少輔大伴家持作之。

「向峰上(むかつをのへ)の」,對面可見之山峰上。蓋指今日大阪城所居之高台。
「花匂(はなにほ)ひ」,如花似玉之容貌、裝扮。『神代紀』下有「光儀華艷」之語。
「愛(は)しき」,可人憐愛。

4398 為防人情陳思作歌一首 并短歌。
 大王乃 美己等可之古美 都麻和可禮 可奈之久波安禮特 大夫 情布里於許之 等里與曾比 門出乎須禮婆 多良知禰乃 波波可伎奈埿 若草乃 都麻波等里都吉 平久 和禮波伊波波牟 好去而 早還來等 麻蘇埿毛知 奈美太乎能其比 牟世比都都 言語須禮婆 群鳥乃 伊埿多知加弖爾 等騰己保里 可弊里美之都都  伊也等保爾 國乎伎波奈例 伊夜多可爾 山乎故要須疑 安之我知流 難波爾伎為弖 由布之保爾 船乎宇氣須惠 安佐奈藝爾 倍牟氣許我牟等 佐毛良布等 和我乎流等伎爾 春霞 之麻未爾多知弖 多頭我禰乃 悲鳴婆 波呂婆呂爾 伊弊乎於毛比埿 於比曾箭乃 曾與等奈流麻埿 奈氣吉都流香母
 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 妻別(つまわか)れ 悲(かな)しくはあれど 大夫(ますらを)の 心振起(こころふりおこ)し 取裝(とりよそ)ひ 門出(かどで)をすれば 垂乳根(たらちね)の 母搔撫(ははかきな)で 若草(わかくさ)の 妻(つま)は取付(とりつ)き 平(たひら)けく 我(われ)は齋(いは)はむ 真幸(まさき)くて 早歸來(はやかへりこ)と 真袖以(まそでも)ち 淚(なみだ)を拭(のご)ひ 咽(むせ)ひつつ 言問(ことど)ひすれば 群鳥(むらとり)の 出立難(いでたちかて)に 滯(とどこほ)り 顧見(かへりみ)しつつ 彌遠(いやとほ)に 國(くに)を來離(きはな)れ 彌高(いやたか)に 山(やま)を越過(こえす)ぎ 葦(あし)が散(ち)る 難波(なには)に來居(きゐ)て 夕潮(ゆふしほ)に 船(ふね)を浮据(うけす)ゑ 朝凪(あさなぎ)に 舳向漕(へむけこ)がむと 候(さもら)ふと 我(わ)が居(を)る時(とき)に 春霞(はるかすみ) 島迴(しまみ)に立(た)ちて 鶴(たづ)が音(ね)の 悲(かな)しく鳴(な)けば 遙遙(はろばろ)に 家(いへ)を思出(おもひで) 負征箭(おひそや)の 戰(そよ)と鳴(な)る迄(まで) 嘆(なげ)きつるかも
 大君敕命重 誠惶誠恐遵宸旨 與妻相別離 雖然悲傷哀難抑 大夫壯士之 振起心神奮彪情 整裝取笈而 毅然決然出門者 恩育垂乳根 慈母搔撫慰離情 若草稚卉兮 愛妻緊攫難分捨 願此行無恙 吾等齋戒祈冥貺 冀得真幸而 早日歸來復聖命 更以兩真袖 拭去涕淚拂泪泫 嗚咽啜泣而 強行發聲言問者 群鳥搏翅兮 離情依依啟程難 滯足叵前而 一再回首顧見者 彌遙彌遠而 遠離故土來此矣 彌高彌峭而 越過足曳勢險山 蘆葦散亂兮 來居押照難波地 黃昏夕潮間 身据浮船泛海上 晨曦朝凪間 將指舳向漕出矣 候風俟時而 我等留居此時頃 春霞層湧出 瀰漫籠罩覆島迴 耳聞鶴音之 悲傷哀鳴虛空者 遙遙渺遠兮 不覺懷土念家鄉 殆似負征箭 颯然發鳴聲與共 憂愁傷感嘆欷歔
大伴家持 4398

4398
「振起(ふりおこ)し」,奮發振作。
「取裝(とりよそ)ひ」,以兵裝與攜行衣食係於身上。
「平(たひら)けく」,留居故鄉之人,祝福旅人安全平安之語。以下至「歸來」云云,為母親、妻子道別之語。
「真幸(まさき)く」,祈求防人無恙、一路平安。
「真袖以(まそでも)ち」,「真袖(まそで)」表左右兩袖。
「群鳥(むらとり)の」,「出立(いでたち)」之枕詞,鳥群有於晨曦一同飛去之習性。
「彌遠(いやとほ)に」,與後文「彌高(いやたか)に」相對。或為人麻呂0131之模仿。
「船(ふね)を浮据(うけす)ゑ」,與4363「船下(ふねお)ろ据(す)ゑ」同。
「舳向漕(へむけこ)がむと」,將船首正對行進方向划出。
「候(さもら)ふと」,等待時機、風向。
「我(わ)が居(を)る時(とき)に」,藉「我(わ)」可知此歌站在防人立場而詠。
「島迴(しまみ)」,島之周遭。蓋指淀川河口諸島。
「鶴(たづ)が音(ね)」,此直接代指鶴本身。
「遙遙(はろばろ)に」,原文仙覺本底本作「波呂波呂爾(はろはろに)」,元曆校本則為「波呂婆呂爾(はろばろに)」。
「負征箭(おひそや)の」,「征箭(そや)」為戰矢。背負戰矢於胡籙之狀。
「戰(そよ)と鳴(な)る迄(まで)」,「戰(そよ)」為射箭之風音。此云激烈喟嘆由箭聲般強烈。

元亨釋書、万葉集試訳

■元亨釋書 卷十四 檀興
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/mokuroku/genkou/genkou14.htm
https://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/mokuroku/genkou/genkou.htm
#元亨釋書 #檀興 #更新 #虎関師錬


万葉集試訳

4366 【承前,十首第四。】
 比多知散思 由可牟加里母我 阿我古比乎 志留志弖都祁弖 伊母爾志良世牟
 常陸指(ひたちさ)し 行(ゆ)かむ雁欲得(かりもが) 我(あ)が戀(こひ)を 記(しる)して付(つ)けて 妹(いも)に知(し)らせむ
 欲得指常陸 翱翔馳去飛雁矣 冀將吾戀慕 託誌雁書歸故土 令妻知悉此熾情
物部道足 4366
 右二首,信太郡物部道足。

「行(ゆ)かむ雁欲得(かりもが)」,「欲得(もが)」表希求。方值春日歸雁時節,擬蘇武雁書之故事,欲得飛雁以傳家書。
「記(しる)して付(つ)けて」,將心情誌於文字之上。

4367 【承前,十首第五。】
 阿我母弖能 和須例母之太波 都久波尼乎 布利佐氣美都都 伊母波之奴波尼
 我(あ)が面(も)の 忘(わす)れも時(しだ)は 筑波嶺(つくはね)を 振放見(ふりさけみ)つつ 妹(いも)は偲(しぬ)はね
 愛也吾妻哉 若有忘我面容時 可以翹汝首 仰望足曳筑波嶺 以為緣物偲懷也
占部子龍 4367
 右一首,茨城郡占部子龍。

「我(あ)が面(も)」,「我(あ)が面(おもて)」之略。類歌3515作「我(あ)が面(おも)」,。
「忘(わす)れも時(しだ)は」,「忘(わす)れも」為「忘(わす)れむ」之訛。「時(しだ)」表時頃。
「偲(しぬ)はね」,「偲(しぬ)ふ」同「偲(しの)ふ」。
類歌3515、3520、4421。

4368 【承前,十首第六。】
 久自我波波 佐氣久阿利麻弖 志富夫禰爾 麻可知之自奴伎 和波可敝里許牟
 久慈川(くじがは)は 幸有(さけくあ)り待(ま)て 潮船(しほぶね)に 真梶繁貫(まかぢしじぬ)き 我(わ)は歸來(かへりこ)む
 常陸久慈川 願恒長久以相待 直至乘潮船 真梶繁貫榜不懈 我命有朝歸來時
丸子部佐壯 4368
 右一首,久慈郡丸子部佐壯。

「幸有(さけくあ)り」,「幸有(さきくあ)り」之訛。
「潮船(しほぶね)」,航行海陸之船舶。

4369 【承前,十首第七。】
 都久波禰乃 佐由流能波奈能 由等許爾母 可奈之家伊母曾 比留毛可奈之祁
 筑波嶺(つくはね)の 小百合花(さゆるのはな)の 夜床(ゆとこ)にも 愛(かな)しけ妹(いも)そ 晝(ひる)も愛(かな)しけ
 洽猶筑波嶺 小百合花之所如 每晚在夜床 可人憐愛吾妻者 其於白晝亦可怜
大舍人部千文 4369

「小百合花(さゆるのはな)の」,「小百合(さゆる)」乃「小百合(さゆり)」之訛。比喻「愛(かな)しけ妹(いも)」。
「夜床(ゆとこ)」,「夜床(よとこ)」之訛。
「愛(かな)しけ」,「愛(かな)しき」之訛。

4370 【承前,十首第八。】
 阿良例布理 可志麻能可美乎 伊能利都都 須米良美久佐爾 和例波伎爾之乎
 霰降(あられふ)り 鹿島神(かしまのかみ)を 祈(いの)りつつ 皇御軍(すめらみくさ)に 我(われ)は來(き)にしを
 霰零雹降兮 鹿嶋嚴神武甕槌 誠心祈禱而 身為防人皇御軍 吾身負命來此矣
大舍人部千文 4370
 右二首,那賀郡上丁大舍人部千文。

「霰降(あられふ)り」,鹿島之枕詞。
「皇御軍(すめらみくさ)」,「皇(すめら)」與「皇(すめろき)」同源。「御軍(みくさ)」乃「御軍(みいくさ)」之略。

4371 【承前,十首第九。】
 多知波奈乃 之多布久可是乃 可具波志伎 都久波能夜麻乎 古比須安良米可毛
 橘(たちばな)の 下吹(したふ)く風(かぜ)の 芳(かぐは)しき 筑波山(つくはのやま)を 戀(こ)ひずあらめかも
 非時香菓兮 橘樹下蔭所吹風 芳馨巍峨矣 常陸高嶺筑波山 豈不神往戀慕哉
占部廣方 4371
 右一首,助丁占部廣方。

「橘(たちばな)の 下吹(したふ)く風(かぜ)の」,按常陸風土記,行方、香島郡一帶植有橘樹。自行方郡新治州可望見筑波嶺。
「芳(かぐは)しき」,優美、雄偉之狀。

4372 【承前,十首第十。】
 阿志加良能 美佐可多麻波理 可閇理美須 阿例波久江由久 阿良志乎母 多志夜波婆可流 不破乃世伎 久江弖和波由久 牟麻能都米 都久志能佐伎爾 知麻利為弖 阿例波伊波波牟 母呂母呂波 佐祁久等麻乎須 可閇利久麻弖爾
 足柄(あしがら)の 御坂賜(みさかたまは)り 顧見(かへりみ)ず 我(あれ)は越行(くえゆ)く 荒男(あらしを)も 立(た)しや憚(はばか)る 不破關(ふはのせき) 越(く)えて我(わ)は行(ゆ)く 馬爪(むまのつめ) 筑紫崎(つくしのさき)に 留居(ちまりゐ)て 我(あれ)は齋(いは)はむ 諸諸(もろもろ)は 幸(さけ)くと申(まを)す 歸來迄(かへりくまで)に
 相模足柄之 巖神御坂賜吾通 直進不顧見 我今登越行去矣 縱令益荒男 勇健壯士所忌憚 艱嶮不破關 跋涉攀越吾徃矣 馬爪耗損兮 西海筑紫御崎間 留居鎮守而 我將齋祈求冥貺 願故鄉諸人 得以多幸復無恙 直至有朝歸來時
倭文部可良麻呂 4372
 右一首,倭文部可良麻呂。
 二月十四日,常陸國部領防人使大目正七位上息長真人國嶋進歌數十七首。但拙劣歌者不取載之。

「御坂賜(みさかたまは)り」,「賜(たまは)り」為貢獻幣帛於妨礙旅人通行之坂神,祈求無恙通過。
「荒男(あらしを)」,勇猛之男子。
「立(た)しや憚(はばか)る」,「立(た)し」乃「立(た)ち」之訛。有所畏懼,難以前行。
「馬爪(むまのつめ)」,以馬蹄磨耗殆盡(つくし)以為「筑紫(つくし)」之枕詞。
「留居(ちまりゐ)て」,「留(ちま)り」為「留(とま)り」或「留(つま)り」之訛。
「諸諸(もろもろ)は 幸(さけ)くと申(まを)す」,「諸諸(もろもろ)」指留居家鄉之親族。「申(まを)す」為向神祈禱之意。

4373 【下野國防人部領使田口大戶進歌,十一第一。】
 祁布與利波 可敝里見奈久弖 意富伎美乃 之許乃美多弖等 伊埿多都和例波
 今日(けふ)よりは 顧見無(かへりみな)くて 大君(おほきみ)の 醜御楯(しこのみたて)と 出立(いでた)つ我(われ)は
 自於今日起 義無反顧徃赴任 以為大君之 嚴防堅守醜御楯 毅然啟程我命矣
今奉部與曾布 4373
 右一首,火長今奉部與曾布

「今日(けふ)よりは」,自故鄉下野國出發之日。
「顧見無(かへりみな)くて」,不回頭,無所猶豫。
「醜御楯(しこのみたて)と」,「醜(しこ)」為醜惡之意,自謙辭。或云,「醜(しこ)」有強猛之意。「御楯」指守護皇國之防人之一員。

4374 【承前,十一第二。】
 阿米都知乃 可美乎伊乃里弖 佐都夜奴伎 都久之乃之麻乎 佐之弖伊久和例波
 天地(あめつち)の 神(かみ)を祈(いの)りて 獵矢貫(さつやぬ)き 筑紫島(つくしのしま)を 指(さ)して行(い)く我(われ)は
 敬拜天地間 祈禱八百萬神祇 背負獵矢靫 指向海西筑紫洲 毅然啟程我命也
大田部荒耳 4374
 右一首,火長大田部荒耳。

「獵矢貫(さつやぬ)き」,「貫(ぬ)き」為將公矢插於靫、胡籙之狀。

4375 【承前,十一第三。】
 麻都能氣乃 奈美多流美禮波 伊波妣等乃 和例乎美於久流等 多多理之母己呂
 松木(まつのけ)の 並(な)みたる見(み)れば 家人(いはびと)の 我(われ)を見送(みおく)ると 立(た)たりし如(もころ)
 今望松樹之 成群並立叢生者 不覺有所思 其姿其形洽猶似 家人佇列餞行矣
物部真嶋 4375
 右一首,火長物部真嶋。

松木(まつのけ)の」,「木(け)」為「木(き)」之訛。「松(まつ)」與「待(まつ)」雙關,未詳為途中所見或難波所見。
「家人(いはびと)」,「家人(いへびと)」之訛。
「立(た)たりし如(もころ)」,「立(た)たり」為「立(た)てり」之訛。「如(もころ)」乃所如。

4376 【承前,十一第四。】
 多妣由岐爾 由久等之良受弖 阿母志志爾 己等麻乎佐受弖 伊麻敘久夜之氣
 旅行(たびゆ)きに 行(ゆ)くと知(し)らずて 母父(あもしし)に 言申(ことまを)さずて 今(いま)そ悔(くや)しけ
 出旅啟程際 不知此去是遠行 未得與母父 相告餞別而來茲 如今懊惱甚追悔
川上老 4376
 右一首,寒川郡上丁川上臣老。

「行(ゆ)くと知(し)らずて」,不知此番招集乃是長旅,有被欺瞞之怨。
「母父(あもしし)」,「母父(おもちち)」之訛。
「今(いま)そ悔(くや)しけ」,「悔(くや)しけ」為「悔(くや)しき」之訛。

4377 【承前,十一第五。】
 阿母刀自母 多麻爾母賀母夜 伊多太伎弖 美都良乃奈可爾 阿敝麻可麻久母
 母刀自(あもとじ)も 玉(たま)に欲得(もがも)や 戴(いただ)きて 髻中(みづらのなか)に 合卷(あへま)かまくも
 還願母刀自 可以化身為珠玉 若得為然者 則可戴之飾髻中 常佩身上不相離
津守小黑栖 4377
 右一首,津守宿禰小黑栖。

「母刀自(あもとじ)も 玉(たま)に欲得(もがも)や」,「刀自(とじ)」為對女主人亦即母親之尊稱。
「戴(いただ)きて」,將物體戴在頭上。
「髻(みづら)」,成年男子之髮型。
「合卷(あへま)かまくも」,束髮之時,將草木、珠玉一同繫起之狀。

4378 【承前,十一第六。】
 都久比夜波 須具波由氣等毛 阿母志志可 多麻乃須我多波 和須例西奈布母
 月日夜(つくひや)は 過(す)ぐは行(ゆ)けども 母父(あもしし)が 玉姿(たまのすがた)は 忘(わす)れせ無(な)ふも
 雖然月與日 夜夜流逝不復返 然而母父之 堂堂光儀玉姿者 永銘心頭未嘗忘
中臣部足國 4378
 右一首,都賀郡上丁中臣部足國。

「月日夜(つくひや)」,「月日(つくひ)」乃「月日(つきひ)」之訛。
「過(す)ぐは行(ゆ)けども」,「過(す)ぐ」為「過(す)ぎ」之訛。
「忘(わす)れせ無(な)ふも」,「無(な)ふ」為東國語特有之否定詞。

4379 【承前,十一第七。】
 之良奈美乃 與曾流波麻倍爾 和可例奈波 伊刀毛須倍奈美 夜多妣蘇弖布流
 白波(しらなみ)の 寄(よ)そる濱邊(はまへ)に 別(わか)れなば 甚(いと)も術無(すべな)み 八度袖振(やたびそでふ)る
 白浪滔滔而 浪重浪歸此濱邊 相別離去者 手足無措無依故 八度揮袖以惜別
大舍人部禰麻呂 4379
 右一首,足利郡上丁大舍人部禰麻呂。

「寄(よ)そる」,「寄(よ)する」之訛。
「甚(いと)も術無(すべな)み」,「甚(いと)も」同中央語之「甚(いた)も」。「術無(すべな)み」為「術無(すべな)かるべみ」之意。
「八度袖振(やたびそでふ)る」,一再向故鄉揮手惜別。

4380 【承前,十一第八。】
 奈爾波刀乎 己岐埿弖美例婆 可美佐夫流 伊古麻多可禰爾 久毛曾多奈妣久
 難波津(なにはと)を 漕出(こぎで)て見(み)れば 神古(かみさぶ)る 生駒高嶺(いこまたかね)に 雲(くも)そ棚引(たなびく)
 押照難波津 漕出船舳而見者 神古蘊稜威 大和生駒高嶺上 雲霞棚引飄霏霺
大田部三成 4380
 右一首,梁田郡上丁大田部三成。

「難波津(なにはと)」,「難波津(なにはつ)」之訛。
「漕出(こぎで)て見(み)れば」,本歌雖為出航以前之作,卻描述海上望見陸地之景。
「神古(かみさぶ)る」,中央語為「神古(かむさぶ)る」。

4381 【承前,十一第九。】
 久爾具爾乃 佐岐毛利都度比 布奈能里弖 和可流乎美禮婆 伊刀母須敝奈之
 國國(くにぐに)の 防人集(さきもりつど)ひ 船乘(ふなの)りて 別(わか)るを見(み)れば 甚(いと)も術無(すべな)し
 天下諸國之 防人戍衛集於茲 乘船赴海路 見彼別離將遠去 不勝感慨甚無術
神麻續部嶋麻呂 4381
 右一首,河內郡上丁神麻續部嶋麻呂。

「別(わか)るを見(み)れば」,「別(わか)る」乃以終止形代用連體形之用法。蓋見提早到達難波津之防人,完成檢校逐次發船而詠。

4382 【承前,十一第十。】
 布多富我美 阿志氣比等奈里 阿多由麻比 和我須流等伎爾 佐伎母里爾佐須
 太小腹(ふたほがみ) 悪(あ)しけ人也(ひとなり) 疝病(あたゆまひ) 我(わ)がする時(とき)に 防人(さきもり)に差(さ)す
 其蓋太小腹 心懷二心悪人也 當我患急疝 臥病在床不振時 指名任命防人矣
大伴部廣成 4382
 右一首,那須郡上丁大伴部廣成。

「太小腹(ふたほがみ)」,「布多富我美」未詳。或云「布多」為下野國府所在都賀郡之地名,富我美蓋為太守、長官之意。而『色葉字類抄』云「小腹,ほかみ」。故或云有二心之人。
「疝病(あたゆまひ)」,急病。
「防人(さきもり)に差(さ)す」,「差(さ)す」乃指名、任命。任命衛士、防人乃國司之任務。

4383 【承前,十一十一。】
 都乃久爾乃 宇美能奈伎佐爾 布奈餘曾比 多志埿毛等伎爾 阿母我米母我母
 津國(つのくに)の 海渚(うみのなぎさ)に 船裝(ふなよそ)ひ 立(た)し出(で)も時(とき)に 母(あも)が目欲得(めもがも)
 身居攝津國 聚集海渚汀岸處 餝船艤裝而 吾人備發啟程時 願會母面以餞別
丈部足人 4383
 右一首,鹽屋郡上丁丈部足人。
 二月十四日,下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戶進歌數十八首。但拙劣歌者不取載之。

「海渚(うみのなぎさ)に」,以『萬葉集』之用例,多指大阪中央區東堀川高麗橋附近之人工港。或云難波津,而此歌未明指之,或云泛指出船之港,並非特定場所。
「母(あも)が目欲得(めもがも)」,希望出發之前可以見得家人一面。